読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

watashinnchi

わたしんちのお庭とかDIYの事をいろいろ

壁に棚をつける(1)設計&棚受けをつける

壁に棚が欲しくなり家にある余った材木で

棚を付ける事にしました。

家に会った材木は長さはちょうどよかったのですが幅が狭い!

という事で2つの材木を繋げる事にしました。

 

まず設計

f:id:watashinnchi:20170207151558j:plain

棚板の両端に接続の為の板を繋げるのが

デザイン的に良いんだそうです。

でもこれだと真ん中の強度が弱くないかなぁ?

そのうち真ん中だけ段差による隙間ができそう。

しかも棚板と棚受けを固定するビスは棚板の厚さより短いものでないといけない。

という事はちょっと短いビスになっちゃう。

 

f:id:watashinnchi:20170207151827j:plain

棚板を繋げるための板に

直接棚板をつけちゃいます。

そうすると、2枚の棚板がしっかりくっつくし

棚受けのビスも旦那さん案よりは長いビスが使えます。

 

確かにデザインは旦那さん案の方が良さそうだけど

強度の事を考えてわたし案に決定しました~

(旦那さんはしぶしぶっぽかったけどw)

 

次に棚受けを設置する場所を決めます。

壁を叩けば壁の中の柱が分かるのですが

不安なのでこんなのを使いました。

f:id:watashinnchi:20170207152311j:plainセンサーで柱の位置を知らせてくれます。

これで柱がどこからどこまであるかが分かります。

 

さらにこれ

f:id:watashinnchi:20170207152651j:plain

先から細い針が出てるので

柱までの深さ(=壁の厚さ)が分かるのです。

 

f:id:watashinnchi:20170207152801j:plain

さらに先に磁石がついているので釘やビスの位置を

確認できる優れモノ!

 

ここまで確認したのになぜか最初のビス打ちは柱でないところに。

あれ~~~~?

 

再度やり直して完成!

f:id:watashinnchi:20170207153218j:plain

棚板を仮置きして水平を載せてみました。

多少ずれてましたけどまあ許容範囲(;^ω^)

f:id:watashinnchi:20170207153326j:plain

右上の水色のテープは柱の位置を印しする為に貼ったものです。

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


木材加工(木工) ブログランキングへ